2008年12月12日

十二日まち

20081212a.jpg
【熊手を売る露店】

今日は地元の神社である、浦和の調神社(つきのみや)神社で年末の行事である「十二日まち」が開催された。

毎年12月12日に開催される大歳の市で、露店が約1000店も並ぶと言われているほどの賑わい。
それほど大きい神社というわけではないのだが、かなりの賑わいで結構楽しめます。

賑わいのメインは夜!

ということで、今日は会社を早引けし子供らを連れて調神社へ。

久しぶりに来てみたが、中山道を閉鎖しての露天は圧巻
来ている人も多くかなりの賑わい。

いつも思うのだが、ココの神社って初詣の時より「十二日まち」の方が賑わいが断然上!!なんか不思議ですね。

まずは神社に行ってお参りをして熊手型のお守りである「かっこみ」を購入。
来年はぜひこの「かっこみ」で福をかき集めてきてもらいたいものです。

20081212b.jpg

露店の一角には毎年恒例の「おばけ屋敷」
うーんこれがないと「十二日まち」って感じがしないんですよね〜(笑)

ムスメをけしかけて行かせようかとしたが、怖がって拒絶
この辺の「こわがり」は私に似たのかもしれないw

露店を眺めているだけでで結構楽しめました。

それにしても射的や輪投げといった普通のお祭りでは見かけないような娯楽系の露店が多いこと多いこと!!

小学生をはじめとして中学生や高校生も友達同士でかなりの人数来ているのでその子ら目当ての露店なんでしょうね。
その子供らが射的をしている姿は、なんか懐かしい姿のようにも感じてしまう。

ところで、わたしが生まれ育った街は新興住宅地のようなところでもあり、こんな昔ながら的なお祭りの経験は皆無。
このあたりの子供らは、こんな経験が出来てホントうらやましい限りです。
posted by koro at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 浦和 さいたま 埼玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111122825
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。