2010年04月02日

lowbat

20100402c.jpg
【反時計回りで開腹ね】

おうちでゴロゴロするのにPTを使っていたら、Edge500の方はOKなんだけど、なぜだかPT純正のCPUであるCerboでは認識してくれない。
あれま???
Findをするも認識が甘い感じ。

それならEdgeを使えばいいんでしょうけど、ガーミンのツールよりサイクルオプスのPowerAgentの方が情報が取りやすいので、今回はちょっとそちらを使いたい。
そんなわけで、まあ時間もあったので、念のため交換してみることとした。最初から入っていた電池がそのままだったもんね。

20100402a.jpg
【専用ツール】

専用ツールでPTを開腹。

実は購入直後に、シリコングリスで塗り塗りするために、このツールでPTのフタを開けようとしたところ、あまりにも堅くて開けるのに大苦戦したんですよね。

防水を考えたら堅く締めておくべきだったんでしょうけど、また苦戦するのはイヤだったので、装着するときに思いっきりしめることはしなかった。

そのおかげで今回は大丈夫・・・。でも堅いのは変わりなし。

20100402b.jpg
【交換用の電池】

電池はSR44という中々見ることのない電池。
秋葉あたりでは、中華製とかの安いのがあるらしいが、電池の持ちもそれほどよろしくないような書き込みも見るので、今回は普通に電気屋で購入。

20100402d.jpg
【PT開腹後】

PTの中身は、あれ???これぽっち???て拍子抜けしてしまうようなもの。
電池が入っている基盤を取り出し、電池をほじくりだして交換。
基盤のハンダも甘い感じの取り付け状態。
ダイジョブかいな・・・心配するような状態。
しかも、よく見ると電池は簡単なプラスチックで押さえている状態。
このプラスチックの部品が破損したら「おじゃん」だよ。
気を付けて交換しなくちゃいけないな。

20100402e.jpg
パーツ取りだし】

取り出した電池量をチェックするとちょっと少なめだったがまだダイジョブな感じ。。

再度組み立てて再度FindしてみるとCerboの表示ではlowbatの文字がちらりと・・・あれまバッテリー不足はCPUの方だったみたい(泣)。

結局、今度はCPUの電池交換をして設定し直し。
ちなみにCPUの方は一般的なCR2032。

電池交換騒ぎで、ゴロゴロする前に疲れてしまったよ・・・とほほ。
posted by koro at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 出力がんばる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145411137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。