2012年09月25日

お父さんの工作(設置完了)

DSC00965.JPG
【SONY NEX-5N+OLYMPUS ZUIKO 50mm/F3.5 Macro】

作ったアンプとスピーカーを何に使うかといえば・・・。
PCとIPodにつなぐのはもちろん、メインターゲットはテレビの出力端子に繋いで外部スピーカー化。

何せ我が家のレグザは音があまりにも貧弱。
まあ設置スペースの関係で音がこもりやすいとはいえ、あまりにも貧弱。
スポーツやレースや映画を見る時に外部スピーカーをONにして迫力あるサウンドをもくろんで見た。
本道は5.1chや2.1chだと思うが、まあこんなのもいいかもしれない。

でもね改めてレグザの出力端子を見るとデジタル出力(光出力)しかない。
一方アンプはアナログコンポジット入力。
これじゃあダメだ。

慌ててamazon徘徊で、デジタル→アナログ変換機器と光ケーブルを購入。

オヤイデ輸入のFiiOランサーリンク輸入のDCT-3がヒット。
デジタル→アナログしかできないDCT-3より、アナログ→デジタルも出来るFiiOの方が良さそうだったが、電源がUSBケーブル+アダプタというのが気になった。
USBアダプタってのは便利だけど、どうせ刺しっぱなしになる電源ケーブルなのにUSBだとケーブル端子が抜けやすいような気がする。

DCT-3のほうが見た目大きさも小さそうだし、逆方向は使うこともなさそうだし、普通のACアダプタだし・・と考え、DCT-3を購入。

コレで出力環境が整った。
ニュース番組とかだと、音が響く感じがしてしまうが、スポーツや音楽や映画とかは良く音が通ってくれていい感じ。
やっぱこうじゃないとなっと。

ところで「Remove」って書いてあるシートが貼ってあるけど、やっぱ「Remove」ってことは、やっぱはがすモンなんだろうと思うけど、強力に張り付いていて、どうもはがすことが出来ない感じ。

意味わからん。

はがすことも大変そうだし、そのままにしておくこととした。
まあテレビの裏に隠しておく機器だし気にすことは無いかな。
posted by koro at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 PC カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294073563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。