2012年11月04日

ケーブル

DSC01655.JPG
【SONY NEX-5N+Carl Zeiss Jena DDR Flektogon auto MC 35mm/F2.4】

半田ごて握ってケーブル類を制作。
作ったのは、RCAケーブル2本とステレオminiプラグケーブルとiPodドックケーブル。

自分で作るならまあリーズナブルによさげなケーブルを作ることができますな。
オーディオオカルトな世界かもしれないけど、とりあえず定評のあるケーブルを使って、定評のある作り方で制作。
とは言っても、基本はプラグもケーブルも安い汎用品を中心にして作成した。

RCAケーブルは、4芯シールドのモガミ2534と200円以下のトモカのプラグで制作。
シールドは入力側のプラグのみ繋ぐアンバランス型。
この辺は効果はよくわからんけど、気分的なもんで(笑)。

ステレオminiケーブルは、細めのベルデン2芯シールドの1503Aとよくわからないメーカーの200円以下のプラグで製作。
ケーブル自体ほどよい柔らかさで作りやすい。

DSC01587.JPG

DSC01583.JPG
【SONY NEX-5N+OLYMPUS ZUIKO 50mm/F3.5 Macro】

iPodドックだけはちょっと高めの材料で製作。
ケーブルはジュンフロン銀メッキ線(0.3sq)とオヤイデのL型iPodドックキットとオヤイデのL型ミニプラグで製作。
米粒より小さい抵抗を半田で取り付け。
手元が厳しくなってきた身としてはかなり厳しかった・・・。
ケーブルは三つ編み。
見た目はかっちょいいです。

いくつかついでにケーブルを仕入れておいたので、次は断線したイヤホンのリケーブルとかを考えてます。

それぞれ半田付けあとにテスタでチェック。
何故かステレオminiケーブルのL側だけがNG。
色々チェックしみたが、どうもプラグ内でショートしている。
外れを引いたのか、半田付けに手間取ってしまいプラグ内を壊してしまったのか・・・。
予備でもう一個プラグを買って置いたので助かったが、無かったら崩れ落ちていたことでしょう。
交換用のプラグは半田付け前にテスタでチェックしてから作業。
完成後、テスタチェック。
今度はOKでした。

自己満足な世界だけど、達成感はありますね。
posted by koro at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 PC カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300367764
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。