2012年11月26日

爪切り

DSC01748.JPG
【SONY NEX-5N+INDUSTAR 61L/Z 50mm/F2.8】

私が愛用しているのは、KEIBAブランドで知られている、マルト長谷川製作所のニッパー型の爪切り。

DSC01746.JPG
【SONY NEX-5N+INDUSTAR 61L/Z 50mm/F2.8】

足の爪が巻き爪な私は、通常の爪切りだと、足の爪の端がうまく切れず残ってしまいソレが爪の脇を痛めてしまい足が膿んでしまったり、逆に真ん中に合わせて切ると端を切りすぎて膿んでしまったりということを度々起こしていた。
そうなると、医者で爪をざっくりとはがすハメになり、かなり痛い思いをしてきた。

このニッパー型の爪切りを使い始めてからそんなことは皆無。
うーんコレはおすすめです。

こう書くと長所ばかりのように見えるのだが、実は結構な短所もある。

爪を切ると切った爪がそこら中に飛びまくるんで片付けが大変(笑)。
あと一発でいっぱい切ることの出来る普通の爪切りと比べて、小さい範囲しか切れないので、時間が掛かる。
まあこの点については、深爪しない長所と相反する部分ですけどね。
切った爪の角度が鋭角になりやすいので、爪切り後のヤスリがけも必須。

こんな短所があっても、長所で十分補うことの出来る逸品だと思っている。

DSC01740.JPG
【SONY NEX-5N+INDUSTAR 61L/Z 50mm/F2.8】

付属で付いていた、ヤスリも何気にGOOD。
このヤスリは単品でも販売している代物。
削りカスがヤスリの表面に詰まらないので、ノーメンテでいつでもキレイに削る事が出来る。
爪切りとしては高級な部類の品だけど、購入して満足してます。

パッケージの箱をそのまま保管時に使っていましたが、ボロボロで閉めることすら出来ずに箱としての機能が無いような状態。
入れ物無しで収納なんかしようモノなら、危なくてしょうがない。

実はマルト長谷川製作所からは純正の本皮ケースが発売されているが、単なるケースで尼で実売1,000円程度もするので購入は躊躇。
ダイソー辺りで代わりになるようなケースを探していますが中々良いのが見つからず。
どうしたモノかとただいま思案中です。
posted by koro at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/303961004
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。